FC2ブログ

ラブシ番頭部屋

創業16年 高知の老舗デリバリーヘルス ラブシークレットのカリスマ番頭が書いております。

カテゴリー "番頭のデリヘル体験記" の記事

涙の番頭デリヘルロシアンルーレット初体験記 の 終


続いては 番頭の順番

目をつむり、右手人差し指で開いてもらった風俗雑誌を指差します。

20代なかば スタイルの良い女の子を指差す が お店に電話してみると その女の子は出勤してない。

もう一度やりなおーし。


再度開いたページに目をつむり指先を落とすのです

そっと目を開け
「あ‥ しまった ちょいポチャってる」

仕方がない、やり直しは電話をして女の子の出勤が無い場合だけの決まり (・・;)



はい 居るんですね それが


部屋を伝え、さぁみなさんお別れです。
同じ階の別々のお部屋に入室しました。


ほろ酔いなので あんまドキドキはしてないすよ。

ただ、期待もあまりしてないのでワクワクもないですよ。 (´-ω-`)




ピンポーン!



「はい~どぞ~」



ガチャと開けると
わりと体格のいい若い女の子。 …わりと?


いや 想像を越えてます




狭い部屋がいっそう狭く感じた。
そして挨拶の仕方もなにも教えられてない。

なんとなく髪が湿ってる(手前のお仕事を客に感じさせるのはマイナスだ)



「おっちゃん、酔ってるので なんもせんでえいき」


そうは言わずに頑張ってみましょうよ なんて 女の子は言うわけもないし、ラッキーみたいな顔してます。


ま 言われたら困るんですけどね。


60分なんとなく話して 服着たままベッドに寝てて 女の子は椅子に座ってる。

お金を払って一時間話してくれてありがとう

(ノ-_-)ノ~┻━┻



延長はしない60分の約束で話を合わしてたので、時間が来たら だいたい出る時間は三人同じぐらい。



なぁーんか これ年をまたいでまで書いてるが、書きながらおもろい落ちにならない事は最初からわかってるので早く書き終わろうとしている自分がおります。


「もう、この遊びやめろうやね…」


三人並んでグリーンロードを歩きながら話をしまして

どうでした?とニヤニヤ顔で聞かれるので、無言で頭を横に振るしかできなかったのですわ


その先、タクシーに乗るまでも無言でしたけどね




もう しません。

でましたよ‥ 涙の番頭デリヘルロシアンルーレット初体験記 の 1

遂に お待ちかね

番頭のデリヘル・ロシアンルーレット体験記


当時 まだラブシグループとして他店とあれこれ提携してた頃のお話である。


その仲良し他店のオーナー2名と番頭で、夜の追手筋にてお食事会がありまして

その席で盛り上がった ロシアンルーレット方式で遊ぼうぜ な 無茶なノリ★゙
(遊び方の手順は掲載済)


今まで 人と申し合わせてホテルに入り、嬢を呼ばせていただくなんて経験はありませぬ。



少しほろ酔い気分の悪のりが カリスマ番頭をあとには一歩も引けぬ状況を作りあげてしまい 心では[これはちーくとばかりヤバい方向ズラでぇ‥汗] と思いながらも 顔では余裕かましておりました。

いつも強気に見せててごめんなさい。本当はビビりですのっ (´-ω-`)



さーて おめ~ら先に決めてみやがれ!

準備した 風俗情報誌を両手でパラパラっと広げ、「ほれっ」 と突きだしたわけですよ。


こちらが目を閉じて開いたページを向かいに立つ目を閉じた二人が指さすわけよ

[をっ! わりとイイとこ指さしやがったぞ!]

どこのお店か忘れましたよ~ そりゃあ~ほろ酔いですもの ヾ(≧∇≦)ξ


誰かが電話する

お店に確認する


「あの~ 本見てるんすけどぉ ○美ちゃんと○奈ちゃんって今行けますか?」


(当時はアンダーナビに出勤表を設置してる店なんて高知にはなかったかも‥)

↑ちなみに 出勤表つけてリアルタイムで表記しだしたのはうちが初めてである



女の子は空いてた


二人とも。


「あぁ!すません!ストーリーの301と302に今からお願いしますぅぅ」

「はい~すぐに参ります」


他店関係者様 お断り と 書いてあったかどうかなんて んなもの知りません

なんせ ほろ酔いですもの
ヾ(≧∇≦)ξ




さて 次は番頭の番‥

【番頭パツ金体験記】最終話 お待たせしました。

カナダの女性はどのような攻撃を仕掛けてくるのか‥

焦った様子は絶対見せてはならぬと、楚々(そそ)とベッドに横たわる わたくし番頭に [完全に私のペースでいくわよ]と思わす様な余裕の笑顔で近づいてくるカナダのブリトニースピアーズ‥

その余裕の笑顔は生意気なお顔なわけではなく、
ただ‥【あなたをお慕い申し上げます】を美学とする日本人女性とは明らかにちょっと違う その独特な外人さんの雰囲気が番頭に余裕の笑みとして見えてしまっただけかもしれない。


向こうからのフレンチキス

[えーと、それは挨拶ですよね?おたくの国では…]

岡本理研を装着されました

[ま、仕方ないか…]


番:「yes yes」

笑顔で了承。




番頭ムクッと起き上がり 人差し指と親指の間をを5ミリぐらい空け、少し悪戯っぽい顔で片目を閉じて『ちょっとだけ』としたあと、膝立ちしてる相手のお股を指差す。

女性は小さく笑いだし
「No~ヨ」


あ‥勘違いされた

(;´-ω-`)


少しだけ『いれてもいいですか?』にとられた。


よく男性が言う
『先だけでかまんき』
(先だけなら入れない方がましでしょ?先を入れてしまえば女は全部入れたくなると思ってるアホ)

『三回腰動かすだけ』
(三回動かしたら、女がも~たまらんん~ってなってその先三十回ぐらい腰振れるはずと思ってるアホ)

これらと同じレベルに捉えられたようだ‥まずい‥




番:「No,No,No!」

ジョー樋口ばりに両手を振り頭イヤイヤの動作をします。

で、身振り手振りで『私はあなたのお股に少しだけ指を入れたいのです』と説明


あ!なぁ~んだとばかりに
カナダ女性 笑顔で了承。



え~と
ではちょいと指先失礼します。



ヌプっ



第一関節始動5秒前



クイっ




んははぁぁぁぁぁ~ん!! 」


わーΣ( ̄◇ ̄*)
ここビジネスホテル~
壁の薄いビジネスホテル~


1クイックで遠慮させていただきました。




  ---以下省略---




番: 「ワタシワワタシノスンデルチイキデ コウイッタオシゴトヲシテマス」

「オンナノコノシャシンワジブンガトッテマス」
と、ラブシのHPを見せた


彼女は『私はモデルだから私を撮ってみろ』と言った

ベッドに横たわり、長い髪を頭上へ扇形に広げポーズを取った。


おぅ(・・;)
生プレイボーイじゃん


いくつかポーズを取ってくれるのを携帯で写メを何枚か撮らせてくれたのだ。



『私と逢ってくれた記念に持ってて‥』みたいな事を言ってくれた。


できればその写メをここに張り付けたかったけど(当然モザイクありで)今の携帯に機種変の際、その記録は移されてなかった。
残念(´-ω-`)




あぁ 感度良すぎるあの大きい声をラブホで聞きたかった(笑)
でも、生まれて初めてのパツ金体験記は運良く大満足であります。
ハワイのお母さんも来ませんでしたし‥



さて、次は 大好きなジェシカ・アルバ似に会いたい。色白の中国女性や純粋な韓国女性も良いですな。
トライしてみましょうか?

番頭の【次の嫁は世界から選ぼう】のコーナーはまだまだ続きます。←(コーナー名が変わってるけど気にしないでちょーだい)




おしまい。

【番頭パツ金体験記・パート3】


そしてバスルーム



番頭よりも背の高いニコール・キッドマンに、昭和40年代生まれの最近太って腹まわりがかわいそうな結果になりつつあるオジサンが小さい風呂桶?の中でチン○ン洗われるの図。


狭い(--;)
(だからビジホでは呼びたくないんよ)



番頭は、お風呂で触ったりはしない。

お尻を引き気味で立たないといけなくなるのは恥ずかしいから‥


チラッ

少しパイオツ見た。


チラッ チラッ




(絶対何か入ってる‥)


サイボーグや(´-ω-`)


お父さん用の大きめお茶碗を二つ付けたぐらいで指の間から、肉が若干溢れるぐらいのD~Eカップの胸に、細くクビれたウエスト‥やや大きめお尻。均整のとれたほぼ理想のプロポーション。

あまり真剣な顔で眺めると 「ムッツリすけべオヤジ」と思われるので、口尻が少しだけ上がるぐらいの優しい笑みを浮かべて眺めてみるとする。


たぶん人から見ると この笑みはちょいと不気味に違いない。


ぅーむ 一つ一つが新鮮だ。
小さい頃‥お母さんが風呂上がりにバスタオルで全身を拭いてくれて以来だ‥

今、違う国の女性が(それも超が付く程美人が) わたしの全身を拭いてくれてる。
ぅーむ 新鮮だ。



さーてお待ちかねのプレイに移ろうか諸君!

【番頭パツ金体験記・パート2】あぁ、ついに憧れのニコール・キッドマン?編


番頭はベッドの端に座って待った。

ベッドと机と椅子と小さい冷蔵庫、まったく番頭の生活には関係ない聖書‥

シングルルーム、ほぼ部屋の中心であるベッドの端で


ドキドキドキ‥



うぉ なんかエレベーター動いたような音したぁぁ

ドアの あの なんかあの外が見えるとこ覗いてみる。


「ほっ」

エレベーターはこの階通り過ぎた。

改めて ベッドの端にちょこんと座る。




あぁ!またエレベーター動いたでー!


覗く。



そして 扉は開いた

番頭の小さい目も見開いた
( ̄▽ ̄;)



その階に降り立ったのは、身長が180ぐらいあるのが、あの覗く穴から見てもひと目でわかるようなスラ~っとした金髪の美人!


「うそんっ」


その人影はどんどんこちらに向かって来る。

「ぉぉぉー」

(これって目ん玉 外側から見えてないでねぇ)汗


立ち止まった。


ピンポーンっ!


番頭は即座にすんごぃウェルカム丸出しの余裕綽々(しゃくしゃく)な顔を作ってドアを開けた


172センチの番頭より頭一つ上を見上げた。


ヘイ!ベイビー!


思いっきり英語でそう言った。確かにそう言った‥


ちっちゃい可愛いオッサンに見えたのか(´-ω-`)



「イエスっ」

英語で会話したぞ


すごい美人や。
真っ白で薄いうぶ毛にまとわれた 本物かどーかはわからないがロングの金髪
そして鷲鼻でも無く、トラボルタなみのアゴ割れも無く、そこらのエロビではあまり見た事ないぐらいの美形である


お客さんなら経験あるだろう心の叫び☆


(電話番さんありがと~!)


この美人をどうするつもりなのだ?オッサン‥

服脱がして あそこをあんな事して  そ‥そしてこんな事されながら あそこがあーなって‥


ハナ血 ぶー である。
( ̄TT ̄;)タラン




そこからは 片言でジェスチャー交じりの【世界は一つ、人類みな兄弟】状態の異国の二人であった。


金髪: 「アナタドコ?


ふむ。ホテル設置のメモ帳に簡単な日本地図を書く。
高知を指さす。


金髪: 「オゥ(笑)」

番頭: (わかってないだろな たぶん‥)


優しい笑顔のオッサンは その後もジェスチャー交じりの片言の会話を続ける。



内容を簡単にまとめると

私の生まれは 店のHPに書いてある出身国ではない。
私はカナダから来たモデルである。モデルの仕事だけではお金にならないので、つい最近この出張ヘルスのバイトを始めた。

あなたはとても優しそうだ。
あなたは仕事で東京に来たのか?
次はいつ東京に来る?
よかったら次に来たら食事とか一緒にどうですか?

そんな感じの事を言っている   と 思う(汗)


もちろん 本気にはしてないが とても綺麗な顔してニコニコとしゃべるので(ジェスチャー付)好感度宜しくメチャメチャ可愛いのであります。


そしてそのあと
ちゃんとお仕事にも導こうとする。

金髪: 「バスルームイキマスカ?

番頭: 「イエ~ス」



気分はまるでニコラス・ケイジ